MENU

【iDeCoとNISA】始めるならどっち?iDecoとNISAの違い

iDeCoとNISAは、老後の資産形成や税金対策に役立つ積み立て制度です。どちらを始めるべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。本記事では、iDeCoとNISAの違いについて分かりやすく解説します。

具体例や比較も交えて、それぞれのメリットやデメリットを明確にすることで、読者の皆さまが自分に合った制度を選べるようにサポートします。

目次

iDeCoとは

iDeCoの画像

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことを指します。つまり、自分自身で積み立てたお金を老後に備えるために運用する仕組みです。iDeCoの特徴は、20歳から60歳までの間であれば、誰でも加入することができることです。

また、最大で年間120万円までの掛金が控除対象となるため、税金が節約できます。ただし、iDeCoは老後のお金を確保するための仕組みであり、そのための運用が必要です。

運用方法によっては、将来の受け取り額に影響することもあります。iDeCoには、積立型と一括型がありますが、どちらを選ぶかは自分自身のライフプランに合わせて慎重に決める必要があります。

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金のことを指します

NISA/積み立てNISAとは

NISAの画像

NISAとは、「積み立てNISA」とも呼ばれる個人型投資信託で、株式や債券などの金融商品に投資することができます。投資額は、毎年40万円まで非課税で、最大で20年間利用することができます。

また、NISAでは、株式配当や売却益などの所得も非課税となるため、長期的な資産形成には有効な手段の一つとなっています。一方で、NISAには「信託報酬」という費用がかかるため、それを考慮して投資する必要があります。

NISAは、iDeCoと同様、自分自身で積極的に運用することが求められますが、リスクや投資スタイルを理解し、効果的に活用することで、将来の資産形成につなげることができます。

2020年度制度改正において、ジュニアNISAについては、新規の口座開設が2023年までとされ、2024年以降は新規購入ができないこととされました。
また、令和5年度税制改正の大綱等において、2024年以降のNISA制度の抜本的拡充・恒久化の方針が示されました。

<2023年までのNISA>



<2024年からのNISA>

NISAとは、「積み立てNISA」とも呼ばれる個人型投資信託で、
株式や債券などの金融商品に投資することができます。

iDeCoとNISAの違い

お金の画像

iDeCoとNISAは、いずれも個人型確定拠出年金として、老後資金を貯めるための制度です。しかし、その特徴はそれぞれ異なります。iDeCoは、基本的には勤務先が用意してくれることが多く、年間の掛け金が最大で80万円まで節税できます。

一方、NISAは、自分で選んだ投資商品に投資することができ、最大で120万円まで非課税となります。iDeCoは老後資金を貯めるために、NISAは投資で資産形成をするために利用するのがおすすめです。しかし、どちらも自分の将来に備えた資産形成のために、積極的に活用したいところです。

iDeCoは、基本的には勤務先が用意してくれることが多く、年間の掛け金が最大で80万円まで節税できます。
NISAは、自分で選んだ投資商品に投資することができ、最大で120万円まで非課税となります。

加入できる人の条件が違う

iDeCoとNISAは、それぞれ異なる条件を満たす人が加入することができます。iDeCoは、基本的には年金加入者が対象であり、企業年金や公的年金に加入している人が加入することができます。一方、NISAは、20歳以上の個人投資家であれば誰でも加入することができます。

さらに、iDeCoは65歳までに加入することが必要であり、60歳から受け取れる年金額が増額するため、早期に加入することが推奨されています。一方、NISAは年齢制限がなく、投資期間も5年という短期間であるため、短期間でリターンを得たい人に向いています。

加入できる人の条件が異なるため、自分に合ったプランを選ぶことが大切です。自分が年金加入者であればiDeCoを選び、20歳以上で投資に興味がある人はNISAを選ぶことをおすすめします。また、将来のライフプランに合わせて、どちらのプランが自分にとって最適なのかを考えてみましょう。

iDeCoは、基本的には年金加入者が対象であり、企業年金や公的年金に加入している人が加入できます。
NISAは、20歳以上の個人投資家であれば誰でも加入することができます。

お金を引き出すことができるタイミングが違う

お金を引き出すことができるタイミングが違うという点で、iDeCoとNISAには大きな違いがあります。
iDeCoは、原則として60歳以降にならないと、一括で引き出すことができません。しかし、特定の条件が揃った場合には、60歳未満でも引き出すことができる場合があります。また、引き出す際には所得税や住民税がかかります。

一方、NISAは、原則として、3年以上の期間を過ぎた後であれば、いつでも引き出すことができます。引き出す際には、所得税や住民税がかかりますが、iDeCoよりも税率が低くなる場合があります。
このように、iDeCoとNISAは、引き出すタイミングによって、かかる税金の金額が異なってきます。自分に合ったプランを選び、将来のために資産形成をしましょう。

iDeCoは、原則として60歳以降にならないと、一括で引き出すことができません。
NISAは、原則として、3年以上の期間を過ぎた後であれば、いつでも引き出すことができます。

税金の優遇措置が違う

iDeCoとNISAは、どちらも個人型確定拠出年金制度であり、老後の資金形成に役立つものです。しかし、iDeCoとNISAには、税金の優遇措置が異なる点があります。iDeCoは、将来の年金受給額や退職金に対して税金がかからないため、税金優遇措置として非常に有利です。また、iDeCo特有の優遇措置として、iDeCoに加入する際に、最大で400,000円の所得控除を受けられます。

一方、NISAは、投資利益にかかる税金が非課税になるため、税金優遇措置が有利です。NISAで運用する場合、20年間にわたって最大1,200万円まで非課税になります。また、NISAによる非課税枠は、iDeCoと比較して非常に大きなメリットとなります。

どちらも老後の資金形成に役立つiDeCoとNISAですが、税金の優遇措置が異なるため、自分に合った選択をすることが重要です。自分の年収やライフプランに合わせて、iDeCoとNISAを比較してみて、最適な選択をすることをおすすめします。

iDeCoに加入する際に、最大で400,000円の所得控除を受けられます。
NISAで運用する場合、20年間にわたって最大1,200万円まで非課税になります。

NISAとiDeCoのどちらがおすすめ?

女性の画像

NISAとiDeCoは、長期の資産形成に向いていると言われていますが、どちらを選ぶべきでしょうか?まず、NISAは株式や投資信託を取引する非課税制度で、iDeCoは個人型確定拠出年金制度です。

NISAは、投資対象が広く、手軽に始められるため、初めて投資をする人に向いています。しかし、iDeCoは、税金優遇措置があるため、長期的な資産形成に向いています。また、iDeCoは会社員ならば勤務先からの積立も受けられるため、負担が少ないというメリットもあります。

しかし、iDeCoは65歳まで引き出せないため、将来的なライフプランに合わせて選ぶ必要があります。総合的に、初めての投資であればNISAがおすすめですが、将来の資産形成に向けては、iDeCoを活用することを検討してみてはいかがでしょうか。

NISAは株式や投資信託を取引する非課税制度
iDeCoは個人型確定拠出年金制度

一括で運用する場合

一括で運用する場合、iDeCoとNISAの違いがどのように影響するのでしょうか。まず、iDeCoは退職金制度の一種であり、長期的な資産形成が目的です。一方、NISAは個人年金制度の一種であり、短期的な資産運用が主な目的です。

iDeCoは退職金制度であるため、一括で運用する場合でも長期的な視野で資産形成を行うことができます。また、積立投資ができるため、毎月一定額を積み立てることで、定期的に資産を拡大することができます。

一方、NISAは短期的な資産運用が主な目的ですが、一度に一定額までしか投資することができません。そのため、一括で運用する場合は、その限度額までしか投資することができません。また、NISAには投資家保護のために、損失限度額が設定されており、一度に投資する金額に制限があることも注意が必要です。

一括で運用する場合、iDeCoとNISAの選択は、投資の目的によって異なります。退職金を考えた資産形成を行いたい場合は、iDeCoが適しています。一方、短期的な資産運用を行いたい場合は、NISAが適しています。どちらを選ぶかは、自身の目的やライフスタイルに合わせ、慎重に考える必要があります。

退職金を考えた資産形成を行いたい場合は、iDeCoが適しています。
短期的な資産運用を行いたい場合は、NISAが適しています。

積立で運用する場合

積立で運用する場合、iDeCoとNISAの違いは大きくありません。どちらも定期的に投資を行うことで、将来の資産形成を目指すことができます。ただし、iDeCoは年金制度に関係した制度であり、将来の年金受給額を増やすことができるというメリットがあります。

一方、NISAは非課税制度であり、将来の税金負担を軽減することができます。どちらの制度も、積立で運用することでコツコツと資産を増やすことができますが、自分にとってメリットの大きい制度を選択することが重要です。また、投資先やリスクについても考慮する必要があります。自分に合った制度を選び、長期的な視点で資産形成を進めていくことが大切です。

iDeCoは、将来の年金受給額を増やすことができるというメリットがあります。
NISAは非課税制度であり、将来の税金負担を軽減することができます。

まとめ

iDeCoとNISAは、それぞれ長期的な資産形成を目的とした制度です。iDeCoは、年金制度とも連携しているため、年金受給開始後の生活を考慮して利用することができます。

一方、NISAは、節税効果が大きく、将来の資産形成に向けた投資に適しています。どちらの制度を選ぶかは個人の投資目的やライフプランによって異なるため、自分に合った制度を選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次